まだとれているトマト

トマト



秋なのか〜なんなのか〜〜。だいぶ動きやすい季節になって来ましたね。寒く感じる日があったり、日中はやっぱりちょっと暑かったり。
今年は、ナスの苗がかなり出遅れてしまったので、大きい苗を買えば、それは早く収穫できて、私の苗はちょっと遅め、晩秋まで採れるような収穫に少し時間差が出せるかなぁ?と、ファーマーズマーケットで売っていた大きい苗を少し買って植えてみたのですが、結局私の固定種の苗と同じくらいの速度で育ちました。ナスにとってはこの夏は雨が少なくて辛い季節だったと思いますが、あんまり差がないなら、来年は自分の苗だけでいいか。という気持ちです。
おそらく私の畑のやり方では、買った苗にとってはシビアコンディションなんじゃないかな?という仮説を立ててみたり、結論としては、まぁ、、、結局は土で決まるんだろうな。というところです。

土で決まる、というのはなんとも残酷というか、なんというか。比べてはいけないといつも心にしているのですが、どうしても人の畑を見てしまいますよね。私の畑の野菜はやっぱり全てにおいて一回り小さくできたり、少なかったり、時には上手く育たなかったりします。きっと近所の農家の方々が見れば、あの子は穴ほって草にまみれて一体何やってんだろ?ヘタクソーと思うことでしょう。
でもね、私の畑の収穫量は少ないけれど、それでも全ての野菜を食べきれる訳ではありません。トマトなんて、収穫が追いつかなくてたくさん畑に落ちてしまいますし、葉物もとう立ちしてしまったりなんてこともあります。私としては、これだけ体を使って管理している畑の野菜は全部食べて、元気良く畑に出てることで、畑へと還す。自分も循環していきたい!というよくわからない思いがあるし、とにかく大きく、たくさん育てるという、当たり前のような?そういう定説のような、そういうものに疑問、あるいは問題意識を持って、いつも「本当にそうなのかな?」という姿勢で自分で判断できるようにしていたいと思っています。

成長中の葉っぱちゃんたち!


最大の目標は、自分と家族の野菜を私が全て作ることと、今の5倍くらい皆様に野菜ボックスをお届けしたいことです。今も徐々に出来ているとおもうのですが、まぁまだ自分も冬には食べれなくなってしまったりします。もう少し頑張ってゆけば保存食なんかも作れるようになって、日々の食材は自分の手で作れるようになるんじゃないかなと思っています。今、一生懸命、隣のおばちゃんや、近所の人に色々教わっているところです。
でも野菜ボックスなんて、去年は12月から5月まで出せませんでした。いやぁ〜辛かった。痩せちゃいましたよ本当に(笑)自分の食べ物にはそこまで困らなかった気がしますが、それはいただき物があったり、120%くらい自炊しているおかげかもしれません(笑)あれ、でもどうだったかな?喉元過ぎればなんとやらですね(笑)
でも、少しの野菜でどれだけご飯が作れるか、とても頑張ったとおもいます。この消費の社会にものすごく反対方向に向かって走り出してしまったなぁ。といった感じですが、この生活になって、欲しい物もかわってきましたね。カッコいいと思うものも、美味しいと思うものも、本当に変わったと思います。

さて、秋冬野菜、順調に育ってきていますよー!楽しみです!今畑のホープは、サボイキャベツちゃんです!美味しいんだよねーーーーーーーーー!

サボイ!

サボイ!